天の道を往き総てを司る水嶋ヒロの処女作 - 齋藤智裕『KAGEROU』

年末になりようやく身辺が落ち着いてきたので,本の整理を兼ねてblog更新.

以前読書会でも取り上げた齋藤智裕『KAGEROU』について今更エントリー.しかし,こんなミーハーな課題本を挙げる読書会ってウチくらいだろうなーw

水嶋ヒロが小説を出すと聞いて驚きはしましたが,仮面ライダー好きである私自身はこの俳優をわりかし好いており,基本的には好意的な視点で本書を読んでおります.正直,結構ハードルを下げており,その視点からすると「意外とちゃんと形になっている」「意外と面白かった」というのが正直な感想です.

もちろんストーリーの緻密さ,語彙といった点には難があります.題材もよくある話というか古典的だし,『笑うせぇるすまん』っぽいし.それでも映画の原作と考えれば十分ではないでしょうか.水嶋ヒロ自身,映画に関心を示していたし.

…って比較的温厚な評価をしたら読書会で叩かれたけどね…

さて,仮面ライダーカブトこと天道総司こと水嶋ヒロこと齋藤智裕先生(長い!)は,2作目を執筆する予定はあるのでしょうか?読書会ではこの作家の将来についても語りましたけど,その後の噂をまったく聞きませんね…今後も執筆を続けるのであれば,どうして一作目に40代の男の悲哀を描こうとしたのか訊いてみたいところです.だいたいどの作家も若手時代には自らの若さを投影した作品を書きますよね.『太陽の季節』とか(例えが古い).

なんやかんやで2作目が出たら,それはそれで読んでしまいそうな時点でポプラ社の戦略に負けた気がします.ブロガー的にもネタになりそうなので,気楽に待ちましょうか.あ,映画化の方もお待ちしています.主題歌はもちろん奥様で.

First Message