京都読書会が今オススメする9冊!(2011年8月版)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

もう9月になってるじゃん,しかも半ばじゃん!というツッコミはさておき.8月の読書会に参加の皆さんがオススメした本のリストです.皆さんがオススメする理由も添えて.

1. 隆慶一郎『一夢庵風流記』

隆慶一郎『一夢庵風流記』.今回のお題が隆慶一郎だったことに関連して.

隆慶一郎を読むなら,まず本書から読んでほしいです.週刊少年ジャンプで漫画化され,近年ではパチンコになったりと有名な作品ですが,男の生き方と色気を感じて読んでほしいです.隆慶一郎のヒーローものならこれ!

隆慶一郎という作家は,本書の主人公・前田慶次のように「実在だけど目立つほどではない人物」にスポットを当て,検証と大胆な解釈で魅力的に描くのが上手いと思っております.慶次を見ると3次元の男がかっこ悪く見えると思いますが,まぁ読んでください.

2. 隆慶一郎『影武者徳川家康』

同じ隆慶一郎でもミステリー仕立てなら『影武者徳川家康』.上中下3巻と長篇ですが,実に読み応えがあります.

関ヶ原の戦いで徳川家康が死んでいたら?という大胆な解釈の本書.ミステリーっぽく,また教科書に載る有名人が登場するので,時代小説が苦手な人にも比較的読みやすいのではないでしょうか.

もちろん,氏独特の男の色気も満載.島左近,甲斐の六郎…男が見てかっこいいです.原哲夫による漫画化が打ち切られたのが残念すぎます.

3. 井上純一『中国嫁日記』

井上純弌こと希有馬氏の『中国嫁日記 一』.感想は以下に書きました.

全米が「もげろ」と泣いた - 井上純一『中国嫁日記』一

萌を楽しんでください.とりあえずもげろ.

4. 浅田次郎『沙高樓綺譚』

浅田次郎の『草原からの使者―沙高樓綺譚』.最近,京都読書会では浅田次郎派閥ができています!

こちらは短篇集だそうです.『百物語』(私未読…)系のヒヤッとする怪談的な話もあり,是非夏に読んで欲しい一冊だそうです.太秦映画村が舞台になっている短篇もあるということで,京都人としても買いですね.

ブラッドリー・トレバー・グリーヴ『ブルーデイブック―誰でも落ち込む日がある。』

こちらは動物の写真集.「誰でも落ち込む日が来る」という考えから,そのときに癒される写真をというコンセプトのようです.Amazonで見ましたがシリーズ化されているんですね.

写真とコピーの組み合わせ.これはあくまで外国人の感覚で,日本人が落ち込んだときに元気になるかどうかは微妙なものもあるそうです.この辺りは好き好きですね.エッチな連作あります.回し読みして笑いました…

椎名誠『本の雑誌血風録』

椎名誠『本の雑誌血風録』.椎名誠の半生記といった位置づけなのでしょうか.

椎名誠が百貨店のマーケティングとして業界雑誌を作るのが生業にしていた若かりし頃の話だそうです.業界雑誌と並行して本の雑誌を作ってみたり,倒れてみたり…という話.

人間関係が中心に描かれており,ブラックな人も出てこないので読みやすいとのことです.もっとも椎名誠自身が向こう見ずで喧嘩っ早くて一番ブラックなのでは…というコメントも頂きました.

『Sports Graphic Number Do号 100人が語るRUN!』

これをオススメしたアラフォー男性の発言.「最近体力が落ちてきた…地球が悪いのか僕が悪いのか」…よく分からないけど名言っぽい.

件の男性は本書を読んでランニングの習慣を作ったそうです.「一日の時間を増やしたいと考えたら,健康であれば時間が増えることに気づいた」これは確かにその通りですね.私ももう少し走る時間増やしたいです.

勝谷誠彦『ディアスポラ』

勝谷誠彦『ディアスポラ』.安定の勝谷さん派閥.最近読書会では勝谷派閥が2名に増えました.おめでとうございます.

本書は,原発の影響で日本に住めなくなった日本人が難民キャンプで…というややSFチックな話だそうです.なんとこれ,10年前に発表していた作品で,今春の地震と原発事故で注目を浴び刊行されたそうです.なんという予知っぷり…

日本人のアイデンティティを描いているということで面白そうです.勝谷さんいわく, 「読んだ人はAmazonにレビュー書け!」だそうで.

遠藤周作「深い河」

遠藤周作『深い河』.先月に引き続き遠藤周作が紹介されています.しかも違う人から.あまり読んだことないけど,世間的には読まれているんですね.

オススメの方いわく「正月にインドに旅行に行ったとき,バラナシに行けなかったので読んだ本」とのことです.ガンジス川近くに位置する都市で,日本ではベナレスとも紹介されていましたね.

ワーラーナシー - Wikipedia

信仰心,愛,ボランティアとは…と考えさせられる一冊.秋吉久美子で映画化もされているそうです.


ということで,2011年8月の読書会では9冊の本をオススメされました.参加者の皆さんありがとうございます.

このシリーズ2回目のエントリーだけど,まとめるの本当に疲れる…