まさかの長期化&映画化 - ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ Ⅲ』

近年屈指の風呂マンガ(何そのジャンル)・『テルマエ・ロマエ』も第3巻に突入.

3巻になっても本作の勢いはとどまること知らず.古代ローマにいるルシウスが現代日本にタイムスリップし,浴場建設のヒントを得る…という構図は変わりません.しかし本巻ではなんと温泉街を作ったり,盗賊を改心させたり,挙げ句の果てには平たい顔族の日本の若者と交流し浴場を共同設計したり…どんどんスケールが大きくなっていきます.

もともと『テルマエ・ロマエ』は設定で笑わす一発モノで長く続く作品ではないと思っていましたが,個人的にはまさかの3冊目.しかしルシウスが設計する浴場の規模も,技師としてのルシウスの評価も,そして宮廷政治に巻き込まれるあたりもどんどんスケールアップしており,無理なく長期化している感じが好感を持てます.笑いの勢いも1巻からまったく変わりません.どこまで続くんだろ…

まさかと言えば,阿部寛による映画化.丹波哲郎『大霊界』的なトンデモ作品になるような気がしないでもないですが,阿部寛も上戸彩もコメディを演じさせたら上手いからな…もしかしたら原作の勢いを再現するかもしれません.乞うご期待.