書評:中島たい子『漢方小説』

原因不明の震えに襲われ救急車で搬送される31歳の独身女性。救急車の中で震えは治まったものの、診察を受けても原因がわからない。その後4軒回った病院でも「どこも悪くない」と言われ…。医者は検査の結果異常が見当たらないと「最近何かストレスを感じるようなことがありませんでしたか?」という愚問を発する。震えが始まったのが、元カレが結婚するというのを聞いた日だから、薄々原因はわかっているのだけれど…。

「昔の男が結婚したショックで体を壊しただなんて、ぜーったい、死んでも思いたくないっ!」ということで、5軒目にたどり着いたのが漢方診療所。腹診だけでみごと胃の辺りの震源地を言い当てた漢方医に主人公は参ってしまう。若くて、笑顔が可愛くて、ソース顔。しかもストレスについて何も聞いてこない。先生によると「西洋医学では『この病気にはこの薬』ですが、東洋医学では『病気に罹っているあなたはこういう人だからこの薬』という治療をします」とのこと。主人公は「あなたの病気はあなただけの病気」という発想に基づく東洋医学の奥深さにはまっていく。

主人公の症状が改善されていく過程にホッとしつつ、主人公と飲み友達の間でのゴタゴタも楽しく読
めて、読んでてスッキリする小説だった。この本を読んでいて「私も、東洋医学のかかりつけ医、欲しいなぁ」と思ってしまった。主人公が訪れる「東京都薬用植物園」は本当にあるらしいので、東京旅行の際には是非とも行ってみたい。