書評:岡田康宏『日本サッカーが世界で勝てない本当の理由』

サッカーサイト・サポティスタの管理人である著者による話題の新書『日本サッカーが世界で勝てない本当の理由』,読了.

日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)
日本サッカーが世界で勝てない本当の理由 (マイコミ新書)

サッカーの見方から日本代表の歴史,ビジネスとしてのサッカーなどをまとめた本書.良書です.

たとえば現在の日本代表についての麻雀の比喩は見事.

簡単に言えば,日本のサッカーというのは自分の手牌だけを見て打っているようなものです.基本的なルールや手順はよく勉強しているからその手筋の中に間違いはない.だが,ゲームの本質を理解してはいない.

(中略)

大事なのは,このゲームの本質的な魅力は,臨機応変な状況判断と人間同士の駆け引きにあるということ.それはサッカーも同じです.サッカーの場合は,これをピッチの中で走りながら行うわけです.

また,「一貫して一貫性のない日本代表監督選考」,ナビスコ杯決勝で敗れた川崎フロンターレの態度に激怒した鬼武チェアマンやTBSの取材を拒否した岡田監督を「どれだけサッカー全体のイメージを悪くするか,彼らはそういった外部の目を全く意識できていない」などと鋭く批判しています.

その一方,批判だけではなく日本代表のサッカーのあるべき姿についても触れられています.それが「ワーワーサッカー」.ちゃんと建設的な意見が述べられているのが素晴らしい.

サポティスタで公開された情報,これまでの取材(?)をまとめたという感じで,いかにもWebサイトの中の人が作ったという本ですが,わかりやすく説明されていると思います.今夏のワールドカップで日本がベスト4に本当に行けるか?なんて疑問をお持ちの方には読んで欲しい一冊です.というよりマスコミが読んでくれ.


個人的に胸が熱くなったのは以下のくだり.ちょっと長いけど引用してみます.

日本代表の歴代で最も良い結果を残している2トップは,柳沢敦と鈴木隆行のコンビです.この2人がそろって先発した試合はW杯本大会での3試合と,パラグアイ,ユーゴスラビア,オーストラリア,ナイジェリアといった難敵との対戦も含め,9試合を戦って負けなしです.

しかし,この2人は決してゴールを量産するタイプのFWではなく,むしろ点を取れないFWとして非難されることが多い2人でした.

柳沢は最前線でのおとり役とアシスト役として定評のある選手であり,鈴木は前線での守備力,相手ディフェンダー(DF)との体をぶつけての競り合い,そしてファウルをもらう能力に長けた選手です.

この点を摂らないFW2人の組み合わせが結果として日本代表に最も良い結果をもたらしたというのがおもしろいところです.