書評:松久淳+大泉洋『男のミカタ』

几帳面で締め切りに正確な作家・松久淳と,自分大好きでおおらかな俳優・大泉洋.対照的な2人が雑誌『anan(アンアン)』で語った対談集が本となりました.ちなみに2冊目らしい(1冊目は読んでない).

男のミカタ
男のミカタ

いや,30を過ぎた私,相当笑わせて頂きました.30代男性は是非とも読むべし!

とにかく30歳過ぎた2人が語りまくる本.どこが素晴らしいと言うのは難しいですが,全篇通じて抱腹絶倒ですし,どこかで自分にヒットする教訓があるはず.私は作家・松久淳さんの大ファンですが,それを差し引いても面白い.

たとえば,30代ならそろそろやってくる毛髪の問題について.

大泉 (前略)でもね,ものは考えようなんですよ.たとえば,「20歳になるとお酒が飲める」みたいな気持ちでハゲを迎えたらいいんです.「いやー,オレもやっとハゲれるよ」って.

松久 「ついにオレも大人の仲間入りか~!」って(笑)

30過ぎても独身!そんな大泉さんへ!(※対談当時は独身でした)

松久 あのね,若いときならともかく,30過ぎたら,ある程度いろんな異性を見てきてるわけでしょ.だったら,白馬に乗った王子様だの,高嶺の花のお嬢様だの,そんなのいくら待っても現れないってことぐらい気がついてもいいと思うんだ.極端な話,道歩いてて「いいな」と思う人がいたら,その人と結婚すればいいんだよ.

大泉 それでいいんですか!?

松久 そんな決め方したとしても,大人ならその選択にはちゃんと意味があって,それが運命の人だってことですよ.

松久さん,本質をついています.30過ぎないと語れないであろうトーク集,是非ともご覧ください.

なお,本書の教訓として一番納得したのが,巻頭の大泉さんの言葉.

「酒の席で人生相談をしてはいけない」

ああ,相談じゃなくて説教になるよね.