書評:午堂登紀雄『お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方』

早くも今年No.1と言いたい良作,午堂登紀雄『お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方』.素晴らしい.

金銭を稼ぐことの重要性,遣い方をまとめた本書.私のように貯金が苦手な男性,マイホームのために貯金する人,子供の教育資金に悩む夫婦.すべての方に読んでほしい.素晴らしい本です.

ほぼ全章全文に納得しまくりでしたが,特に感銘したところを揚げてみます.まずは私のような金銭の貯まらない人へ.

お金を使うことを投資ととらえることです.つまり,「その出費によって,どんなリターンが見込めるのか?」「相手にとって,あるいは自分にとって,どういうメリットをもたらしてくれるのか?」,そう意識しながらお金を使ってみるということです.

リターンのない消費はいらない.一時の快楽はいらないということですね.

もちろん安い店が悪いというわけではありませんが,安い店に来る客の態度はやはりそれなりです.そんな環境が日常になってしまうと,自分の立ち居振る舞いにも影響してしまいかねません.

外食についても,どうでもいい店は使うなということです.反省しよオレ.


本業でのもうけ方についても,これは感銘を受けました.

お金を儲けるのはそう難しくありません.先に相手を儲けさせてあげればいいのです.

たとえば,報酬が10万円の仕事なら,がんばって倍の20万円分の価値を提供する.そうすれば,相手は10万円余計に儲かるわけですから,期待以上の成果だと喜んでくれるし,またこの人にお願いしようということになります.

その通り!お客様の感動と満足を得ることが大事なのです.


その他,子供の教育費用の考え方,子供に金銭をかけすぎるよりお父さんのお小遣いを増やせなど,家庭を持つ方にもヒットすること間違いなし.

いろいろと素晴らしすぎました.是非買って読んでください.