書評:LingLing&LangLang『アラフォー取扱説明書』

最近売れている,ほにゃららの取扱説明書.マニュアル文化なのでしょうか.そのひとつ,『アラフォー取扱説明書』を読みました.

»アラフォー取扱説明書
アラフォー取扱説明書

手にとって1行目から大爆笑しました.

自分にはロマンチスト,他人にはリアリスト.

あはははははははは.アラフォーの方々,すみません.アラサーの私は大笑いしてしまいました.

同様に,恋愛のあたりでもニヤリとしてしまいました.

赤い糸は存在する.絶対にね.

うん,頑張ってね.


ネタにしといてアレですけれど,最近の40代はとても若い.アラフォーと言っても普通に綺麗な女性がいっぱい.経年や出産があっても,それらを感じさせない女性は本気でスゴいと思います.若い人は嫌がるかもしれないけれど,大人の女性はスゴいよ?(性的な意味でも)

そんな美しいアラフォー世代でも,こんなネタ本にされる時代なのですね.この本の読者は誰?アラフォー?その年齢をもうすぐ迎えるアラサー?どちらにしろ,その世代の女性には輝いていてほしいと思います.いやマジで.


ところで,この種の説明書系の本.たかだか120ページ超だし,字は大きくて内容薄いし,最近はこんな本が売れてるんですね.若干物足りない.でも,これくらいの脊髄反射で読める方がいいのでしょうか.活字離れなのかなー.


▼『アラフォー取扱説明書』についての他の方の感想
Mのブツ欲日記: アラフォー取扱説明書
まるみの美味し〜い宝箱☆:アラフォー取扱説明書!