書評:木村元彦「オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える」

話題の「オシムの言葉」を読みました.いや日本代表に選ばれるためには,指揮官の考えを理解しないと(ヲイ).

面白いですね.いや実に勉強になります.現代サッカーの解説書として読んでも面白いんですけど,やはりオシム監督の考え方や発言の数々.

例えば彼は,選手に常に走ることを求めます.練習の際ですら常に考えることを意識させます.そうした経験が試合でも自信になるという話.

一方で彼は,選手をネガティヴに批判しません.選手を名指しで批判しませんし,記者会見での選手への追及を巧みなユーモアでかわします.

ともすれば彼のユーモアに満ちた発言(通称「オシム語録」)に注目が集まりがちですけれど,選手やサッカーに対してものすごい愛情に満ちています.こんな人のところで仕事ができる選手やスタッフは幸せでしょうね.

その知性,ユーモアや愛情は,ひとつには彼がユーゴスラビアという複雑な環境で生まれ育ち,独立運動の中でユーゴ代表を指揮し,故郷ボスニアと家族が戦闘に巻き込まれているときに異国で監督を続けていたという難事がベースになっているのではないでしょうか.

やはり経験に勝る強さはないし,この経験があるからこそ彼の発言には重みがあるのでしょう.私はまだまだやっぱり若い.

「巧みなユーモアは知性とみなされる」というヨーロッパの言葉を具現するかのようなオシム監督.彼に率いられた日本代表が,本当の意味で大人になるのを期待しています.